よく見る和柄の名前、知ってる?

アイキャッチ画像

 

少し前ですが、大阪梅田の商業ビル「グランフロント」で和柄を使ったビジュアルを発見しました。

黒との組み合わせがおしゃれでかっこいいですね♪

梅田は外国人観光客も多いので、そちらも意識しているのかもしれません。

 

このビジュアルをきっかけに、和柄についていろいろ調べてみました。

まず、写真に写っている3つの柄

七宝つなぎ、市松模様、矢絣(やがすり)。

矢絣は矢羽ね文様ともいいます。弓矢の持ち手の方ですね。

矢は放つと戻ってこない=出戻ってこないというゲン担ぎで、結婚する人に贈る習慣があったそうです。

大正時代の女学生にも人気の柄だったそうですよ。

 

他にも有名どころを…

和柄

麻の葉文様、鹿の子絞り、亀甲(きっこう)。

麻の葉は名前の通り麻の葉っぱの葉脈の柄です。私は特に麻の葉文様は大好きで、現代の洋服に使ってもおしゃれだと思っています。

(どこかのブランドさん作ってくれないかなぁ)

イメージ

麻の葉文様(英語版)

麻の葉は成長が早くまっすぐ伸びることから、赤ちゃんの成長を願って産着に使っていたそうですよ。

仏像の装飾にも使われていたそうです。

麻の葉文様

 

いかがでしたか?名前や由来を知ると面白いですよね。

みなさんも家で、街中で、和柄を見つけてみてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です